悩みはより深刻!女性の薄毛対策

最近の若い男性は、非常にオシャレな男性が増えていますから、自分が将来薄毛になってしまうということが絶対に許せないという人も、きっとたくさんいるはずです。

しかし「オシャレ」という意味で言えば、やはり女性にとっての薄毛は、あまりにもショッキングな出来事ということになってしまうでしょう。そこで、ここでは「女性の薄毛」の対策についてお話したいと思います。

本来であれば、男性にくらべれば、女性の薄毛のリスクは著しく小さかったはずです。ところが、最近の女性は、特に若い世代を中心として、薄毛に悩む女性が多くなっているという、いささか衝撃的な事実が報告されています。

ですから、場合によっては、自分ではほとんど気づいていないにもかかわらず、人知れず、薄毛が進行している可能性もあるわけです。

男性にしても女性にしても、基本的には薄毛の対策は似ているといえます。要するに、「薄毛の原因を徹底的に排除する」というスタンスが、薄毛対策としては有効であると考えられます。

そこで、特に女性の場合、薄毛の原因となるファクターは何かというと、これは当然



ということが考えられます。

そもそも、男性にくらべて女性の薄毛が少ない理由は何かというと、実はそこには「女性ホルモンの働き」が大きく影響しています。

男性は女性ホルモンの分泌が当然少ないですから、発毛を阻害されやすいのです。ですから、女性にとって重要な薄毛対策となるのが、「女性ホルモンの働きを低下させない」ということが挙げられるのです。


女性の発毛方法の考え方

「発毛」というと、やはりどうしても「男性のために研究・開発が進んでいる最新技術」というイメージがありますが、しかし実は、薄毛を発症してしまったときに、より深刻なダメージを受けるのは、おそらく男性以上に「女性」のほうがはるかに大きいと思われます。

そういうこともあって、最近では、女性向けの発毛の方法論に関しても、あちこちでずいぶん語られるようになってきているという印象があります。

とはいえ、男性も女性も同じ人間ですから、発毛の方法を論じる上でベースとなる注意点に関しては、共通する部分が多いといえます。

たとえば、「栄養のバランスを考えた食生活」であるとか、「規則正しい生活」とか、「睡眠時間」とか、「ストレスや運動」のことだとか、「アルコールの過剰摂取の問題」、さらに「喫煙」、そして特に女性の場合は、「正しくヘアケアができているか」、さらには「紫外線対策は適切か」といったファクターがすぐに挙がると思います。

女性の発毛に関しての情報が、男性のそれにくらべると少なく感じるという理由は、もちろん、これらの需要は男性のほうがはるかに高いということがまず挙げられますが、それ以上に、構造的には男性よりも女性の発毛のほうが促進しやすいという側面も、意外と手伝ってしまっているかもしれません。

しかし、やはり男性の発毛促進とまったく同じ方法でよいというわけではありませんので、女性は女性なりの発毛に関する方法論をしっかりと理解することからスタートしていきたいものです。

そうは言っても、初動としては男性の発毛と同じ感覚で、「最低限必要な条件のクリア」を目指すところからスタートするという認識でそれほど問題ないはずです。

つまり、上記に列挙した項目について、ご自身で再認識していただき、これらの条件を逐一クリアしていくというところから、ようやく発毛への第一歩を踏み出すことができるという考え方で間違いないということになるでしょう。


女性の薄毛の原因

男性の薄毛に関しては、これは最近にはじまったことではなく、この問題の歴史は非常に古いという気がします。

しかし「女性の薄毛」に関しては、まあもちろんその昔からまったくなかったというわけではないとは思いますが、やはり最近特に大きな問題としてとらえられるようになってきているという印象があります。

そこで、ここでは「女性の薄毛の原因」について、いろいろと考えてみたいと思います。

やはり、女性に薄毛が増加している原因として考えられるのが、



が挙げられると思います。現代社会は「ストレス社会」などと呼ばれることも少なくありません。そして、「薄毛とストレス」の関係は非常に密接です。

とすると、女性も昔にくらべると、どうしても過度のストレスを蓄積しやすくなるという理由から、薄毛を発症するリスクも高まってしまうということが挙げられるでしょう。

ただ、「ストレス」というとあまりにも漠然としているため、その対策をどう講じるべきかがわかりづらいと思います。

そこで、もう少し踏み込んで考えてみますと、たとえば、情報化社会の波は、男性女性に関係なく私たちを乗せてどこかに走っていっているという気がしますが、情報が多いことによって、これを処理する時間が必要になります。

そうなると、どうしても睡眠時間が短くなり、その結果として、身体的なストレスを蓄積してしまうとも考えられます。

また、情報が多いということは、それだけ「気になることが多い」ということにもなるわけです。あそこであんなことが書いてあったけど、それはもしかしたら自分に当てはまっているのではないか・・・とか、ここではこんなことが書いてあるけれど、これはきっと私のことだ・・・といった、いわゆる「情報過多」と「自意識過剰」のダブルパンチを食らっている状態に陥っていることから、ストレスはどうしてもかかってきます。

また、そういったストレスに関していえば、やはり男性よりも女性のほうがタイトに影響を受けると考えられるのです。


女性の薄毛とホルモンの関係

薄毛の原因は「男性ホルモン」に主な原因があると言われています。実際、このことに関してはほぼ証明されたといっても過言ではないでしょう。

男性生殖器でつくられる「テストステロン」という分泌物が、血中に入って運ばれることにより、毛根の「毛乳頭」という場所に入り込みます。

するとそこで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる新たな男性ホルモンに変異し、この物質が、発毛をつかさどる細胞を攻撃することによって、発毛の成長が阻害されてしまうのです。

これが薄毛の原因のひとつになることは事実です。ただし、実は「女性ホルモン」も、薄毛に関係していないとは言えないのです。

確かに男性の薄毛に大して、女性ホルモンの働きに期待するというのは無理な話ですが、しかし女性にも薄毛という病気は深刻な病気であり、女性の薄毛の場合は、女性ホルモンが無関係とは言えないのです。

というのも、女性の薄毛も、実は男性の薄毛と同じく、男性ホルモンのDHTの分泌が大きく影響していると考えられています

しかし、男性にくらべて女性の薄毛が少なく済んでいるのが、実は「女性ホルモン」の働きが男性よりも活発であるということが理由となっていると考えられているのです。女性ホルモンの一種は、発毛を促進する働きがあることで知られています。

ところが、いろいろな理由で、この「女性ホルモン」の働きが活性を失ってしまうことがあるのです。ところが男性ホルモンのDHTだけは、活性を失いません

むしろ、女性ホルモンが活性を失っていることで、より活性化するとも考えられています。これが、女性の薄毛の原因になっていると考えられています。

女性ホルモンが、従来の働きをしなくなってしまう理由はいろいろ考えられますが、中でも、「ストレス」はその大きな原因であると言われます。

ひと昔前にくらべて、現代の女性のほうが薄毛に悩むことが多くなっているのは、現代が「ストレス社会」と呼ばれることと無関係ではないでしょう。


女性にも襲い掛かる男性型脱毛症の症状

男性型脱毛症(aga)に関する情報は、インターネットを中心に、かなり広く伝わるようになってきていますが、「男性型脱毛症」というくらいですから、やはり男性に多くみられる病気であることに間違いはありません

しかしながら、必ずしも「男性だけに現れる病気」であるというわけではなく、実はこの病気、女性にも襲いかかることがある病気なのです。

男性型脱毛症を女性が発症した場合を特に、「女性男性型脱毛症」と呼び、「男性型脱毛症」の「aga(AndrogeneticAlopecia)」に対し、「女性男性型脱毛症」は「faga(femaleaga)」と、agaと同様略称で呼ばれることが多いです。

このfagaを発症する原因にもいろいろ言われていますが、現代人の女性の生活習慣に大きな原因があると考える説が非常に有力視されています。つまり、女性の生活習慣も、飲酒や喫煙などをはじめとする



してきており、女性ホルモンが減少し、かわりに男性ホルモンが増加するといった現象が、fagaの大きな原因になっていると考えられています。

そして、fagaの場合もやはり、この「男性ホルモン」の正体が、「ジヒドロテストステロン(DHT)」であるというのが大きな問題になります。

男性の体内でも女性ホルモンが生成されるように、女性の体内にも男性ホルモンは生成されます。それ自体は何ら問題ないのですが、そのホルモンバランスの崩れが起こることで、体調の変化や不調が発生することが多いです。fagaはその典型例であるといえます。

fagaの場合は、血中にある男性ホルモン(テストステロン)が、毛根の毛乳頭に入り込み、そこでDHTに変化することによって起こるというメカニズムがすでに紹介されています。

おそらくagaについていろいろ調べたことがあるという人であれば、この時点であることに気づかれるのではないかという気がします。

実は、fagaも男性のagaとまったく同じメカニズムで起こっているということにお気づきになるのではないでしょうか。ですから、DHT受容体さえ存在すれば、男女に関係なく、「男性型脱毛症」は発症するのです。


薄毛の女性芸能人

私たち一般人が薄毛に悩むというのは、ある意味自然なことです。特に、日本人の成人男性の「3人に1人」が薄毛に対する何らかの不安を感じているということですから、誰のこころにも、「自分にもいずれそういうときがくるのだろう・・・」と、半ば覚悟を決めている人が多いといえるでしょう。

男性ならいざしらず、女性の薄毛というのは、芸能人のようにテレビに出るわけではないとは言え、やはり実際にご自身が体験されるとなると、こころの傷はむしろ男性よりもずっと大きいのではないかという気がします。

男性の中には、「薄毛がむしろカッコイイ」という人もいますが、女性の場合、さすがにそんな酷なことを求めることはできません。

ただ、メディアへの露出が高い芸能人の女性がもし薄毛に襲われてしまったら、これはまさに「死活問題」ですから、ほんとうに大変なことでしょう。

芸能人だってスポーツ選手だって、私たちと同じ「生身の女性」なのですから、表にこそ出ませんが、芸能人の女性だって薄毛に悩んでいる人はおそらくいらっしゃるはずです

ある超人気有名女優さんは、「女の美しさは、肌と髪がすべて」と豪語し、多くの女性の共感を得ていますが、同業者のそんなことばをかみしめるようにして聞かなければならないとすると、もしその芸能人が女優さんだったとしたら、これは正直あまりにもツライことであると言わなければなりません。

もちろん、女優さんに限らず、女性芸能人の場合、万一薄毛に悩んでいたとするならば、かつらやウイッグ、そして植毛など、おそらく手段を選ばずに何らかの対策をしていらっしゃることでしょうから、まあ私たち一般人がそれほど心配するようなこともないのかな・・・という気は確かにします。

しかし、その心中を思うと、やはり気の毒な気がしてなりません

女性の薄毛は、近年では男性以上に大きな問題となってきていますので、できれば芸能人の方が、これをどう克服しているのかという話を聞けたらうれしいのですが、さすがに無理な注文でしょうね・・・


女性特有の「ひまん型脱毛症」

女性の薄毛にはいろいろと原因があります。まあこれについては、男性の薄毛と大方同じ部分が多いといえるでしょう。したがって、女性の薄毛の多くは、比較的男性の薄毛の治療と同じ方法で治療する必要がある場合が多いです。

ただ、女性に特有の薄毛で、「ひまん性脱毛症」と呼ばれる症状があります。これは、いわゆる「女性男性型脱毛症(faga)」とは少々違う病気であると考えられる場合が多いです。

この「ひまん型脱毛症」という症状は、全体的に「治療が難しい」と言われる薄毛の中においては、比較的改善しやすい症状であると考えられています。

「ひまん性脱毛症」の治療を行う上で重要なことは、「ストレスを発散する」ということであると言われています。

ストレスというのは、一般的には精神的な部分が大きいといえますが、しかし実際には、精神的にはそれほど悩み事が多いというわけではない人であっても、実は何らかの理由でストレスが知らず知らずのうちに蓄積してしまっている場合も考えられるのです

たとえば、睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足、喫煙や過度の飲酒など、どれも精神的な悩みとは無縁のファクターです。しかし実際のところ、肉体的なストレスは大きくかかってくるケースが非常に多くなります

ですから、そういったストレスを解放してあげるためには、やはり「規則正しい生活をこころがける」ということが重要になります。

食生活の面では暴飲暴食をしないことが重要ですし、朝食をスキップしたり夜中に食事をしたりしないなど、食事のタイミングに注意することが必要になります。

もちろん、運動も定期的に行うようにしましょう。喫煙は控え、飲酒もほどほどをこころがけることが重要になります。

薄毛の対策として食事を考える

そういった生活面の乱れをまずは改善し、もちろん精神的なケアもしっかりとしてあげることで、女性の「ひまん性脱毛症」が改善する場合が多いと考えられています。

もちろん、なかなか症状が改善しない場合には、医療機関で治療をすることも視野に入れてください。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)