薄毛を改善できるサプリ

男性型脱毛症(aga)をめぐる医療事情は、ひと昔前からくらべれば、飛躍的に進化を見せています。aga専門の医療機関が次々とつくられ、また、一般の病院にも、aga診療科が新たに設けられています。

患者さんにとってもかつての「あきらめの境地」は徐々に小さくなっていき、今では、「治ることは当然として、どう治していくか」というスタンスで立ち向かうのがagaであるという印象が強まってきています。

病院で薄毛治療

しかし、agaを含む「薄毛」の症状に対処するという意味では、専門医療機関や専門の診療科だけではなく、いわゆる「東洋医学」のテリトリーとしても新たに注目を集めるようになってきています。

ツボ療法で薄毛を改善するという方向性は、西洋医学のテリトリーである専門医療機関の発足よりもずっと古くから示されていますし、近年非常に注目を集めるようになってきている「サプリメント」もまた、どちらかといえば東洋医学のテリトリーであるといえます。

最新医療の舞台でも、たとえば、「がん治療」などでもサプリメントは非常に効果が高いと考えられていますが、実は、薄毛の改善という目的でも、



という報告が続々と寄せられています。もしかしたら、専門医療が充実する以前の「薄毛対策のサプリメント」のイメージから、あまりサプリメントに頼って薄毛改善を目指したくはないと考える人も少なくないようです。

しかし現在のサプリメントの効果は「本物」といえるケースが圧倒的に多いといえます。もちろん、個体差、個人差はありますが。

とはいえ、サプリメントの特徴として、何かひとつ、絶大な効果を示したサプリメントには、その類似品が無数とも思われるほどにつくられ、しかしそれらのほとんどが、表面的な見た目を模倣しただけというケースも多いというのが難点です。

ですから、サプリメントで薄毛を改善したいと考えるのであれば、効能や成分をしっかりとチェックして、慎重に選ぶ必要があります

発毛サプリ一覧


薄毛予防にサプリを選ぶ

今のところ薄毛の兆候はなく、髪質にもこれといって問題がないという人の場合、病院に行って医師に相談するという発想に至ることはまずないでしょう。

もちろん、そういうことがあったとしても、門前払いを食らうことなどあり得ないとは思いますが、しかしそれでも「薄毛の予防」という意味での対策を講じたい人が、病院に行って相談を受けるという話を耳にしたことがありません。

しかし、たとえ現在は問題ないとしても、これだけ薄毛に関していろいろ言われるようになってきた時代ですから、根拠のない不安に苛まれたり、あるいは何かしなければならないというあせりの気持ちに突き立てられたりすることがないわけではないでしょう。そんなときに、



のであれば、「サプリメントの使用」が有効になると考えられるのではないでしょうか。

ビタミン、ミネラルなど、必要な栄養素がしっかり摂れないと、私たちの体は生きていくために必要性の高いところから栄養を配るようになっています。

つまり頭皮にはしっかり栄養が摂れていないと、栄養素はなかなか配られず、後回しにされてしまうのです。そのため食生活がきちんとされていない人にとって、総合的なビタミン、ミネラル摂取は重要です。

現在薄毛の症状が現われていないという状況で、病院に行って相談を受ける気持ちになかなかならない理由は、ひとつに「薬をもらったとしても、副作用が怖い」というところが挙げられるのではないでしょうか。

しかし、サプリメントの使用であれば、基本的には副作用の心配をする必要はないといえます。その意味では、ぜひサプリメントを薄毛予防の対策のための武器としていただきたい気もします。

サプリメントによる効果というのは、基本的には即効性を期待できるものではありません。ですから時間的な猶予がある段階でのサプリメント使用は、薄毛予防にいかにも適しているといえるわけです。そういった意味でも、サプリメントを積極的に使用していただきたいと思います。

発毛・育毛商品に期待をするな!


発毛サプリと医薬品の選択

発毛を促すことができる薬が開発され、病院でも処方されるようになったことから、薄毛治療の現場では新たな一歩を踏み出すことができたという印象も強いわけです。

しかし一方で、病院での薄毛治療となると、「保険適用外」はどうしても免れないところであり、費用面のことを考えると、なかなか手を出せないという思いも強いというのが実際のところでしょう。

aga男性型脱毛症の治療薬

そんなときに、費用面のことを重視したい人にとってはフトコロに優しいのが、「発毛を促進するサプリメント」でしょう。サプリメントであれば、医薬品にくらべればだいぶ値段が手ごろになるというのは多くの場合で当てはまります。

しかし、もしサプリメントと医薬品が同程度の効果を期待できるということであれば、そんなに大きな値段の開きを受け入れることはできず、だれも薄毛治療を目的として病院には行かなくなってしまうことでしょう・・・

発毛促進効果があるとされるサプリメントのほとんどが、医薬品にくらべてその効能の点で大きく劣るというのは、まさに「額面のとおり」の事実なのです。

とはいえ、サプリメントによる発毛効果がゼロであるかというと、そんなことは決してありません。少なくとも、根拠のない食餌療法などにくらべれば、ずっとその期待値は大きく見積もってもらって問題ないでしょう。

ただし、医薬品とくらべると、やはりどうしても、即効性という面で大きく後退しなければならないというのも事実です。

もともとサプリメントという飲み物は、「薬」とはまったく別モノですから、即効性を期待するべきものではありません。これは薄毛の改善以外の分野でも、まったく同じことがいえるのです。

ですから、即効性がないからといって、「薄毛対策ではサプリメントはよろしくない」と判断してしまうのは、



ということになります。

即効性が重要であれば、やはり専門的な病院でしっかりと治すことが重要ですが、時間をかけて現状維持を目指したいということであれば、サプリメントに頼るという考え方も悪くないはずです。

発毛サプリ一覧


発毛サプリメントの成分について

発毛サプリメントにはさまざまなタイプがありますが、いろいろな成分が配合されています。意外な成分などさまざまです。そこでどのような成分が配合されているのかご紹介しましょう。

ノコギリヤシ
ヤシ科の植物であり、幹は不規則に伸びているところが特徴です。アメリカ南西部固有種、大西洋岸弊部~メキシコ湾一帯に自生しています。

原住民の時代からずっと男性の健康のためと摂取されてきました。前立腺などの疾患を予防、改善する働きがあることでも知れられています。


コラーゲンペプチド
コラーゲンをペプシンという酵素で分解し、分子を極小化したものを言います。コラーゲンの中でも吸収性の高いいわゆるゼラチンが使われることが多いと言われています。

亜鉛
亜鉛は必須ミネラルの1つですが、現代人の食生活の中で不足しやすいミネラルの1つです。さまざまな働きにかかわっていますが、エネルギー代謝にも補酵素として働きます。

男性にとっては性欲などの低下も亜鉛不足から起こることも。発毛など細胞の代謝には、欠かせないため亜鉛の補給として多くの発毛サプリメントに配合されています。

高麗人参
高麗人参は高級漢方生薬としても人気があります。高麗人参の含有するサポニンであるジンセノイドは血行促進の強力なパワーがあります。それによって体内の血流を高め、当然頭皮の血流も改善し、栄養が届くような体質にしていくのです。

それによって薄毛、抜け毛を抑えることにもつながります。ヘアケア製品には意外といろいろなものに配合されています。しかし高級成分のため、安いものには配合できません。

 大豆抽出物(イソフラボン含有)
ダイズイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が酷似しており、植物性エストロゲンとも言われている成分です。

エストロゲンは髪の毛の育毛を促進させる働きがあり、体毛の成長の抑制効果があります。そのため全身脱毛クリームなどにも配合されていますが、髪の毛には育毛、発毛サプリに配合されています。

ヒハツエキス末
東南アジアで生産されている胡椒と同じようにスパイスとして利用されている植物です。辛味成分の1つですが、インドのアーユルヴェーダという伝統医学では、とてもパワーのある植物として血行促進、むくみ解消効果、発毛効果があると言われています

唐辛子、カプサイシン
唐辛子の辛味成分がカプサイシンですが、血行を高める効果があるため、ダイエットなどにも利用されることがあります。発毛サプリにも配合されているものが多いようですが、やはり血行を改善するために配合。

発毛トラブルの人のほとんどは血行が悪いと言われています。そのため血行を高めることはとても重要なのです。

α-リポ酸
α-リポ酸というとダイエットサプリにも使われることでも知られています。それもそのはず、α-リポ酸は体内の化学反応の促進する補酵素の1つなのです。細胞内に存在しているミトコンドリアは細胞の中でエネルギーを製造する工場のようなもの。

つまり糖質や脂質からエネルギーをつくる工場がミトコンドリアで、工場で働く工員さんがα-リポ酸なのです。そのため工場があっても、材料があっても働き手がいなければエネルギーはつくることができません。

そのためダイエットやアンチエイジングには欠かせない成分です。そして強力な抗酸化パワーを持っており、それが発毛にも働いてくれます

イチョウ葉エキス
イチョウの葉から抽出したエキスのことです。血流効果が高く、発毛効果があります。イチョウの葉だけに存在するギンコライドというポリフェノールは血小板活性化因子(PAF)の抑制や血栓の生成を阻害する働きがあります。

つまり血液サラサラ効果が高いということなのです。それによって血液の流れが良い状態になり、頭皮にも血液が行き渡るようになります。


ビタミンE
ビタミンEは頭皮の血流を高め、髪の成長を促進します。また強力な抗酸化作用も発毛には欠かせません。

ビタミンA
ビタミンAは細胞に働き掛けるため、頭皮の健康を保ちます。そのためにも不足しないように摂取したいものです。

ビタミンB2とB6
この2つのビタミンは、特に毛根にある毛母細胞の働きを活性化効果があり、発毛効果もあります。ビタミンB2は皮脂のコントロール、ビタミンB6はタンパク質吸収を促進します。

ビタミンC
抗酸化作用も強く、また疲労回復力も高いビタミンCは発毛には欠かせません。疲労は頭皮に栄養届けることができなくなります。

マカ
そういう意味ではマカはとてもおすすめです。そして特にマカには発毛に必要な亜鉛、ビタミンE、アルギニンなどが豊富に含まれています。総合的に栄養が豊富に含まれているマカは疲労回復にも働き、より頭皮への血流を高めてくれるのです。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)