男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症(aga)の原因が徐々に特定されてきているとの説もありますが、しかし実際には、

という印象があります。ですから、たとえば風邪をひいた患者さんが何の違和感もなく病院を訪れ、薬をもらって安心して服用し、やがて治るだろう・・・といったスタンスの治療が、agaという病気に対してなされるようになるには、まだまだ先の話であると言わなければなりません。

病院で薄毛治療

とは言え、その原因の特定と、それぞれの原因因子に対する治療方法も、徐々にではありますが、確実に確立しようとしていることは間違いありません。

agaの原因因子の特定が難しいとされたのは、毛髪や頭皮に注目したときの原因因子が主に悪い影響を与えているのか、あるいはそれ以外の部分が実は何か悪さをしているのかといった根本的な部分で、



しかし近年では、「そのどちらも有力である」との考え方が双方に自然に受け入れられるようになってきています。

たとえば、頭皮や毛髪近辺の物質で言えば、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、agaの原因因子としては最有力であるとされていますし、また、頭皮にだけ含まれる特定のタンパク質が何らかの悪さをしているとする説も、最近になって浮上するようになってきています。

それ以外のファクターでは、過度なストレスが原因であるとする説や、睡眠不足、飲酒、喫煙などといった生活習慣が主な原因であるとする説、さらには、「遺伝」という、患者さん本人にとっては割と手の施しようのない根拠をその落としどころとされてしまいかねない根拠を「結論」とする識者も根強く食い下がっているという印象があります。

正直まだまだ時間がかかってしまうものの、これでもある程度は「特定」されてきていると見ることができるわけですから、そういった意味では、進歩がないわけでは決してないので、今後のさらなる研究成果に期待したいものです。


男性が男性型脱毛症になる原因

男性型脱毛症(aga)の原因とされる説明には諸説ありますが、もっとも有力視されているのが、男性の睾丸で生成される「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが変異してつくられた



という強力な男性ホルモンです。男性ホルモンとしての働きの強さは、テストステロンにくらべて約50倍ともされるのが、このDHTであり、その強力な働きかけが、男性の毛髪や頭皮に悪影響をおよぼしていると考えられています

もちろん、このDHTだけがagaの原因であるとは言えないものの、しかし、有力視されていることには違いなく、結果、現在のaga治療の現場では、いかにしてこの「DHT」の、頭皮や毛髪における働きかけを弱めるかというところに主眼が置かれていると言って過言ではないでしょう。

また、食生活とagaの関係という観点から見ても、やはりこの「DHT」という男性ホルモンの働きを弱める効果がある成分や栄養素が含まれている食材の摂取が推奨されることが多いです。



です。このあたりは、昔から「海藻は毛髪によい影響を与える」などとする大きな根拠になっていると考えられます。

また、近年になって声高に叫ばれるようになってきているのが、「カプサイシン」という物質です。これは、主に「トウガラシ」の中に含まれる成分として知られます。

保温効果が高い辛み成分であるため、かつてはむしろ「毛髪には良くない」と考えられていた物質でもありましたが、しかし近年ではその評価も完全に覆されるようになってきました

強い辛みをともなうため、この物質を含む食材を大量に摂取することは難しく、現在ではサプリメントなどにカプサイシンが配合されるなど、いろいろと研究が進められています。

薄毛を改善できるサプリ

このように、agaに関する研究は日々進められていますが、肝心な「本気で治したい」という患者さんの前向きな気持ちが、以前よりはだいぶ改善されてきたとは言え、それでもまだ物足りないというのが正直な印象です。


男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロン

agaの原因因子の中でも、その可能性、危険性という意味でもっとも注目されているのが、「ジヒドロテストステロン(DHT)」であるとする説は非常に有力視されています

このDHTという物質は、男性ホルモンの中でもかなり強力な生成物質であると考えられているため、そのバランスがあまりにも過多になってしまうと、agaを発症する危険性が高まってしまうと考えられています。

DHTは、男性の睾丸でつくられる男性ホルモンの一種「テストステロン」が変化することで新たにつくられる強力な男性ホルモンです。

実際、この「テストステロン」にくらべると、男性の身体に与える影響力の強さは約50倍とも言われています。

しかもその受容体があると、毛乳頭細胞にまでこのDHTが侵入し、毛母細胞の成長を阻害、終息させてしまうという、毛髪の成長の観点からすると非常に恐ろしい効果がこのDHTには認められているのです。

毛母細胞の成長が阻害されることで、



し、成長が終息することで、その細胞周辺部からの発毛能力は完全に断たれてしまうことになります。すると、役目を終えた髪は抜け落ち、その部分から髪が再生することはもうなくなってしまいます。

そして、いわゆる「薄毛」というaga特有の症状が徐々に顕著になっていく・・・というのが、DHTが影響を与える部分のメカニズムであると考えられています。

よく言われるところでは、aga向けの内服薬である「プロペシア」は、DHTの働きを弱める効果があると考えられているのです。それが、「プロペシア」の効能となっています。

aga男性型脱毛症の治療薬

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)