薄毛は本当に病気?病院で薄毛治療

薄毛治療を行う際には、ひと昔前であれば、そのほとんどが「民間療法」をはじめとする「東洋医学」のテイストが強かったという印象があります。

もちろん、経済的に余裕があって、本格的に東洋医学の分野で薄毛治療を行うということであれば、それなりの成果が見られたということが報告されていますが、しかし正直な話、「民間療法」ということでは、なかなかその結果が出るという話は耳にしませんでした

しかし近年では、主に西洋医学の部分でも、かなり有効とされる薄毛治療が実施されるようになってきている関係で、薄毛に悩む人の多くが、主に「病院」で治療を受けるという時代になってきました。

もちろん、薄毛専門の病院もどんどんつくられていますし、また、ふつうの総合病院に薄毛の診療科を設けたというケースも目立つようになってきています。あるいは、病院は病院でも、「皮膚科」で受診、治療する人もだんだん増えてきているということがいえます。

東洋医学(漢方薬)による薄毛治療の場合、正直言って、かなり治療費が高くついてしまうということを覚悟しておかなければなりませんが、西洋医学(薬)の範囲で、つまり、「病院」で治療する場合に関しても、一般的にはふつうの風邪を治すような治療費で治療することができるということはまずあり得ませんので、まずは事前に治療費の目安を知っておくということが大切であるといえるでしょう。

aga男性型脱毛症の治療薬

また、東洋医学にしろ、西洋医学にしろ、薄毛は必ず改善するというものではありませんので、そのこともある程度覚悟しておかなければならないといえます。そして、もし改善できたとしても、場合によってはかなりの時間がかかってしまうことが考えられます

1回の治療費の高さという意味で、治療することができると判断したとしても、長期的なスパンで高い治療費を支払うことが果たしてできるのかどうかというところまで、しっかりと踏み込んだ精査が必要になるといえるでしょう。

薄毛治療病院一覧


薄毛のagaは病気だから病院で治療する

男性の薄毛治療として有効である方法がいろいろと紹介される時代になってきていますが、中でも、かなり強引な宣伝広告で一気にその注目を集めることになったのが、「病院での治療」という考え方でした。

「爆笑問題」という、かなりキャラクターが濃いキャストを起用したCMの「薄毛は病気です」というキャッチコピーは、多くの薄毛に悩む人のこころに響いたようです。実質、あのCMがきっかけで、「男性型脱毛症」とか「aga」のことばを知った人は多かったのではないでしょうか。

あのCMの素晴らしいところは、「agaは病気である」という定義づけをしっかりと行った上で、「病気である以上は、病院に行って治療しましょうよ」という非常にロジカルな説明も同時に行っているというところでしょう。

だからこそ、あのCMを見た視聴者は、「agaが病気である」という命題を「事実」として認識し、「agaになったら病院に行って治療しよう」という前向きな気持ちを自然に植え付けることができるのです。

事実、agaという病気は進行性の病気であり、放置すればどんどん薄毛が進行していくという、かなりタチの悪い病気ですから、そのあたりの情報を入手した人からすれば、薄毛への対策を急がなければならないという気持ちは自然と強くなるはずです。

このあたりをすべて計算に入れていたかのようなあのCMは、近年でもまれにみるレベルで非常に秀逸であったと思われます。

実際、aga患者さんの受け入れ体制を整えた病院も年々増加してきている印象があり、これまで何かにつけて絶望的な意見が聞かれたagaの患者さんの未来も、今後は決して薄暗いものではなくなっていくのではないかという印象さえあります。

agaに対応した病院には、aga専門の病院と、一般の病院にagaの診療科を備えた形の病院とがありますので、agaの治療を考えているという患者さんであれば、そういった医療機関で早目に検査を受け、診察されることをおすすめします。


薄毛治療を病院でする効果

男性型脱毛症(aga)の治療をしているという人が年々増加してきています。これはあの有名なCMの効果も小さくないと思いますが、やはり「agaは治る!」という根拠に基づいた心理的な要因もかなり大きいと思われます。

実際に、毎年aga患者さんを受け入れる病院のほうも増え続けてきています。aga専門の病院もそうですし、一般の病院がagaの診療科を併設したという形もこれに当たります。

主に、比較的若い世代の男性を中心として、そういった医療機関でのaga治療を視野に入れているその背景には、やはりある程度の効果が治療で期待できるという考え方が反映されてのものであるという気がします。

若い世代も男性型脱毛症の対策

実際、中にはかなりagaの治療によって薄毛が改善できたと喜んでいる人もいます。

しかし、これは昔から言われていたことですが、やはり薄毛の治療というのはそんなに簡単ではないことも事実であり、中には、治療をしてもほとんど効果が得られなかったという人も珍しくありません。

薄毛治療を「医学」としてとらえるとすれば、これはかなり新しい分野ということになりますので、これはある意味当然のことであるといえるはずです。

aga治療の効果が現れる、現れないの差がいったいどこにあるのかというと、簡単に言ってしまえば、「個人差」ということになってしまいます。

要するに、「体質の違い」という、まるで素人の逃げ口実のような言いぐさが、実はそのまま当てはまってしまうのが、aga治療の現状であるといえるのです。

もちろんこれは、研究者の努力が足りないというわけではありません。もし研究者の努力が足りないとするならば、「薄毛は治る」などということは絶対に起こらなかったはずです。

治るようになったというだけでも、ちょっと前からすれば、信じがたいほどの大きな進歩であるといえるのです。

薄毛には、その原因があまりにも多様であるため、原因の特定が難しいという側面があり、どうしても手探りの治療ということになりやすい部分もあるということだけは、あらかじめ理解しておきたいところです。


薄毛対策を病院で行う注意点

薄毛対策の方法論は、薄毛治療という発想自体が、「本格的に研究されるようになった」という意味で言えば、まだそれほど歴史がある分やではないため、まだまだ十分に精査されてきたとは言えない部分があります。

しかしやはり、近年のトレンドという意味で言えば、やはり薄毛対策の中でももっとも有効であるとされる方法が、「病院で治療する」という考え方になってきているのは事実です。

ただし、薄毛治療を病院で行うということになると、いくつか注意しなければならないことがありますので、今回は、そういった注意点についていろいろと考えてみたいと思います。

まず、薄毛治療を病院で行う際に気を付けなければならないのが、



ということになります。おそらく、多くの薄毛患者さんがイメージするのは、「病院の皮膚科」ということになると思いますが、その「皮膚科」を含め、「一般的な病院」でも、薄毛治療を行っていることがあります

そしてもうひとつが、「薄毛治療の専門医」に診てもらうという考え方です。専門医というよりは、むしろ病院自体が「専門科」の形になっているということも、このところよく話に聞くようになってきているのです。

あくまでも一般的な評価という意味では、こちらのタイプの病院のほうが、治療の効果が出やすいと考えられています。

ただ、病院で治療してもらうというケースでは、やはり「費用」がネックになるということについても知っておかなければならないでしょう。薄毛治療の場合、保険の適用外になりますので、そのあたりは十分注意しなければなりません。

また、薄毛ならなんでもかんでも「aga(男性型脱毛症)」として治療してもらえばよいかというと、そういうことでもありませんので、症状や原因によっては、受診・治療する診療科を変えて薄毛対策を講じるということが重要になります。

また、お医者さんにすべて任せるのではなく、生活習慣についてのアドバイスなどもしてもらうようにすべきです。

薄毛治療病院一覧


皮膚科での薄毛治療が有効

薄毛治療に関して、だいぶその方向性が確立してきているイメージがありますが、しかし実際のところ、まだまだ「薄毛」ということばが混乱を招いてしまう部分も小さくありません

というのも、「薄毛」というのは、要するに、「頭髪の薄い部分がある」ということであって、その原因まで単一であるというわけではないのです。結果として、原因にかかわらず「自分は薄毛だ」として、「治療しなければならない」という発想になってしまうわけです。

しかし、やはり重要なことは、「原因をしっかりと突き止める」ということであり、



ということです。これらふたつの手がかりを意識しながら、薄毛治療の方向性が探られるべきであるといえることになります。

ですから、CMなどでもおなじみになっている「お医者さんに相談しよう」というあのキャッチフレーズも、実はすべてが正しいといえるわけではないことになります。

もちろん、「男性型脱毛症(aga)」であれば、あのCMのとおり、その専門的な病院で治療を受けるという考え方で問題ないわけですが、しかしそれ以外の薄毛については、またちょっと違う医療機関で受診し、治療する必要がある場合もけっこう多いのです。その場合、やはり「皮膚科」での治療が有効になる場合が多いのです。

やはり何といっても、「皮膚の専門科」ですから、薄毛の多くが皮膚科で対応してもらえるという考え方自体は間違いではありません

ただし、薄毛治療の場合、どうしてもまだ新しい分野の治療になりますので、すべての皮膚科で薄毛治療の対応をしてもらうことができるとは限らないと言わなければなりません。

ですから、まずは思い当たった皮膚科に、「薄毛治療の対応をしてくれるかどうか」といった部分をしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

最寄りに薄毛治療対応の皮膚科がない場合、ネットで検索していただければ、薄毛治療を行うことができる皮膚科の情報が多数見つかるはずです。


薄毛治療を病院の皮膚科でできるかの判断

「男性型脱毛症(aga)」をはじめとした薄毛治療を病院で行う人が増えてきています。ただ、中には「薄毛治療はどこの病院で受ければよいのか」ということがわからない人もいます。というか、そういう人は意外と多いと考えられています。

確かに、最近では薄毛治療専門の病院もできていますし、また、一般の病院でも、薄毛治療の診療科を設けている病院が増えてきているということですから、どこかしらの病院で薄毛治療を受けることができるということになるはずです。

しかし、薄毛の治療というのはまだまだ分野としては新しい部類に属するため、すべての病院で薄毛治療を受けられるというわけではありません

おそらく、家の近くに薄毛を治療できる病院があるという人は、どちらかと言えば少数派に属することになるのではないでしょうか。

そうなってしまうと、やはり自分の場合、病院では薄毛治療をすることができないと考えてしまう人も多くなることでしょう。そんなとき、まず試していただきたいのが、



」ということです。

薄毛治療は「皮膚科」で担当していることが多く、最近では、aga治療専門の病院なども続々つくられていますが、これも実は、皮膚科の延長上に類する病院であるといえるのです。

ですから、薄毛治療のための専門的な病院がないということであれば、とりあえずお近くの「皮膚科」に問い合わせてみるという考え方が大切であるといえます。

ただ、上でも触れたように、たとえ薄毛治療が皮膚科のテリトリーであったとしても、皮膚科に行けば必ず薄毛の治療をしてもらえるというものでも、残念ながら現在のところは言えません

ですから、事前に必ず治療の可否をチェックしておくことが大切です。現在では、インターネット上に薄毛の治療ができる病院のリストが数多く掲載されていますので、そういったサイトを閲覧して、参考にしてみるとよいのではないでしょうか。


薄毛治療は保険適用出来ない

薄毛治療を行う人が年々増加していることは事実です。それはだれだって、それまで薄毛ではなかったにもかかわらず、薄毛を発症してしまえば非常にショッキングですし、治せるものなら治したいと考えるのが人情でしょう。

ですから、薄毛治療を受ける人が増加するのは当たり前と言えば当たり前なのですが、しかしそれにしては、もしそんなに薄毛を治したいのであれば、もっと爆発的に薄毛治療を受ける人が増えたとしても不思議はないはずです。

ところが、薄毛治療を実際に受けている人の数は、まだまだ全体の薄毛患者さんの数からすれば、ごく少数にとどまっているのです。もちろん年齢的な考え方の相違もあるとは思いますが、もっと明確な理由が、実はそこにはあるのです。その理由とは、



という理由です。では、なぜ薄毛治療はそんなに治療費が高くなってしまうのかというと、これは当然「保険適用がない」という理由に尽きます

たとえば、虫歯の治療は保険適用がありますが、しかし、治療の方法によっては保険が適用されない場合が多いです。

これは、「一般の虫歯であればそんな治療をする必要がない」と判断された場合に適用される判断です。実は、薄毛治療に関しても、これとまったく同じことがいえるのです。

わかりやすく言えば、「虫歯があったら重大な問題に至る可能性が高いために保険適用があるが、特殊な治療の必要がないから、その場合には保険適用がない」ということになります。

それに対し、「薄毛であっても(命にかかわるなどの)重大な問題には至らないため、保険適用がない」と判断されていることになります。

ですから、これは法整備以前の問題であって、おそらく今後も薄毛治療に対して保険が適用されることはまずないと考えられます

ですから、薄毛治療をしたいと考える人は、ある程度の経済的余裕があるか、あるいは、借金してでも改善したいと考えるかのどちらかということになるでしょう。

薄毛治療病院一覧


薄毛を病院で診てもらう為の費用

問題となるのが、



というところが、未だ不透明な部分が大きいというところです。というのも、薄毛の治療の場合、医療機関によってかなり費用が異なるというのが実際のところだからです。

特に、agaの専門科の場合、どうしても費用が高額になりがちであり、一般的な病院の場合、それほど費用は高くないといえます。

ただし、費用面だけでくらべてしまうのは大きな問題があるといえます。何しろ、それだけ費用が異なるということは、当然治療の質がまったく異なるということになりますので、どうしても薄毛を改善したいと考えるのであれば、ギャンブルで一般の病院で治療するよりは、より確実性が高い専門科で治療したほうがよいといえるでしょう。

それに、一般の病院の場合、いくら費用が高くないとは言っても、やはり1回当たり1万円はどうしてもかかってしまうと考えておいたほうが無難です。

それであれば、多少費用が高くなったとしても、より確率が高い専門科で治療するという考え方のほうが、むしろ無難であるといえるかもしれません。

ちなみに、専門科で治療するとなると、最低でも1万5000円くらい、高い場合には3万円くらいかかる場合があります

これだけ費用が違う理由のうち、一番大きいのが、「検査の有無」です。aga治療の場合、基本的には検査をしっかりと行う必要があると考えなければなりませんので、やはりこの部分で大きな効果の違いが生じるということになるのです。


薄毛治療での口コミの信頼性

薄毛治療の場合、やはり一般的な病気にくらべると、まだ広く浸透しているというわけではなく、また、費用に関しても、受診する医療機関によって費用や治療の方向性が大きく異なるため、そう簡単に治療してもらう医療機関を決定することができないという側面があります。

まあそんなことを言うと、薄毛治療に関する情報など腐るほどあるではないかといった反論も噴出するかもしれません。

しかし、上記のような理由から、実際にはまだまだ「正しい情報は乏しい」と言わなければならないことになります。

その意味では、「数多くの情報を仕入れるための情報力」ではなく、「正しい情報を精査する情報力」をしっかりと身に着ける必要があるといえるでしょう。

薄毛治療に関する情報をどこから入手するかということになると、やはり今の時代は「インターネット」を置いてほかに何かを語ることができるというものでもないでしょう。

インターネット上の情報というのは、決して信憑性の高い情報ばかりではありませんが、たとえば、実際に薄毛治療を受けた経験がある人の体験談を知りたいといったケースでは、やはり「口コミ」の情報が役に立つと考えられます。

まあ「口コミ」というのは、薄毛治療に関する情報に限らず、インターネットが扱う情報としてはもっとも得意分野という印象もありますから、その手の情報を探すのにはそれほど手間がかからないと思いますので、体験談を知りたいという人は、ぜひネットでいろいろと口コミ情報を検索してみてください。

ただし、口コミ情報の場合も、掲載されている情報のすべてを鵜呑みにしてしまうのは少々リスクが大きいといえます。

なぜなら、「薄毛治療」というくくりは、実は非常に大きなくくりになっているため、口コミの投稿者の症状によっても、治療の方向性や費用が異なってくるのはある意味当然のことです。

ですから、口コミ情報だけを参考にして病院に行ったとしても、考えていた治療や費用とは異なる場合もありますので、注意が必要です。


薄毛の病院治療での効果

男性型脱毛症(aga)の治療をしているという人が年々増加してきています。これはあの有名なCMの効果も小さくないと思います。

やはり「agaは治る!」という根拠に基づいた心理的な要因もかなり大きいと思われます。実際に、毎年aga患者さんを受け入れる病院のほうも増え続けてきています。aga専門の病院もそうですし、一般の病院がagaの診療科を併設したという形もこれに当たります。

主に、比較的若い世代の男性を中心として、そういった医療機関でのaga治療を視野に入れているその背景には、やはりある程度の効果が治療に期待できるという考え方が反映されてのものであるという気がします。実際、中にはかなりagaの治療によって薄毛が改善できたと喜んでいる人もいます。

しかし、これは昔から言われていたことですが、やはり薄毛の治療というのはそんなに簡単ではないことも事実であり、中には、治療をしてもほとんど効果が得られなかったという人も珍しくありません。

薄毛治療を「医学」としてとらえるとすれば、これはかなり新しい分野ということになりますので、これはある意味当然のことであるといえるはずです。

aga治療の効果が現れる、現れないの差がいったいどこにあるのかというと、



ということになってしまいます。要するに、「体質の違い」という、まるで素人の逃げ口実のような言いぐさが、実はそのまま当てはまってしまうのが、aga治療の現状であるといえるのです。

もちろんこれは、研究者の努力が足りないというわけではありません。もし研究者の努力が足りないとするならば、「薄毛は治る」などということは絶対に起こらなかったはずです。

治るようになったというだけでも、ちょっと前からすれば、信じがたいほどの大きな進歩であるといえるのです。

薄毛には、その原因があまりにも多様であるため、原因の特定が難しいという側面があり、どうしても手探りの治療ということになりやすい部分もあるということだけは理解しておかなければなりません。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)