発毛に良い食べ物

昔から昆布やのりなど海藻類が髪に良いとされていますが



しかし、栄養がなければ髪はもちろん体も育ちませんので食品はおろそかにすることが出来ません。残念ながら発毛効果のある食品というものは今のところ見つかっておりません。そもそも食品ひとつで髪が生えるという効果があるとは思えません。

髪の毛の抜け毛を防ぎ健康的な髪を育てるのはやはり「バランスの取れた食事」という事になります。当然、髪も体の一部です。

体の為に良いものをバランスよく積極的に摂取していけば健康的な体になり、体の一部である髪の毛も健康的になるという訳です。なかなか難しい話ですが



健康的な物ばかりとっていてもバランスよく摂取していなければ機能しません。ビタミンAが重要とされていたとしてもビタミンAだけを取っていれば良いという話ではないのです。つまり、髪にどの食品が良いのかを探すこと自体が間違っているのかもしれません。

発毛サプリ一覧


バランスの取れた食事とは

おそらくバランスの取れた食事をするという事は小さいころから何度となく聞いてきたフレーズだと思います。しかし何を持ってバランスのとれた食事なのかはいまいちよくわかっていない人も少なくないと思います。

食卓に並んだ食品を見てバランスが取れているのか取れていないのかをはっきりわかる人など栄養士でもなければなかなかできることではありません。しかし、あなたはバランスの良い食事というのを何度も目にしてきたはずです。

それは、学校で出されていた給食です。毎日だされてた食事は栄養士が考えたメニューでバランスを考えて作られたものです。それを毎日食べていたのですから給食のメニューを思い出せばバランスの取れた食事を心がける事が出来ます。

薄毛の対策として食事を考える


食事バランスガイド

食事バランスガイドというものが厚生労働省のホームページに掲載されています。バランスの良い食事と言うのがよく分かります。

ごはんやパン、麺類などの「主食」と野菜やきのこ、いもや海藻などの「副菜」、肉、魚、卵や大豆などの「主菜」、そして牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの「牛乳・乳製品」、リンゴやミカンなどの「果物」の5種類をバランスよく朝・昼・晩と食べる食事のバランスが紹介されています。


食事のバランスを駒に例えて掲載されておりバランスが悪くなれば駒がいびつになりしっかりと回らなくなるという分かりやすい説明がされています。1日に何をどれだけ食べれば良いのかが分からないという人は是非、確認してみてください。


薄毛改善として効果が期待できる食べ物とは?

薄毛の改善効果がある食べ物」については、昔からいろいろな食材を例に挙げて語られてきた過去があります。「ワカメ」をはじめとする海藻類は、そのもっとも典型的な食材といえます。

半ば真実とも考えられ、半ば都市伝説とも考えられるという印象もあるのが、「薄毛改善と食べ物の関係」ですが、薄毛改善のために必要なことは、そうした食べ物や飲み物や栄養素がどうのというよりも、まずは「生活習慣を整え、発毛を促進する体質をつくる」ということが最大の目標となるということを、しっかりと認識していただきたいと思います。

その前提で、「薄毛改善の効果が期待できる食べ物」についてお話していきたいと思います。

医学的な見地では、「ワカメに薄毛改善の効果はない」と言えてしまうことになります。もちろん、ワカメが髪に悪いということはありませんし、身体全体の健康という点では、非常に好感が持てる食材であることは間違いありませんので、積極的に摂取していただければと思います。

で、あくまでも医学的な根拠にもとづいて、実際に発毛効果が期待できる食材があることは間違いありません。

中でももっとも有効であると考えられるのが「納豆」です。ここで注目できるのが、納豆の原料である大豆に含まれる「大豆イソフラボン」です。

この成分は、代表的な男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を抑制する効果が見込まれるからです。この、「テストステロン」は、毛根の毛乳頭に入り込むと、そこで「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変異し、これが薄毛の原因のトップとも目されているのです。

次に期待できるのが、「ナッツ類」です。中でも「アーモンド」に含まれるタンパク質は非常に良質なものが多く、ダイレクトに毛髪へと働きかけることが知られています。

そして、「落花生(ピーナッツ)」は、毛母細胞を活性化させる効果が期待できます。そのほかにも、「みかん」をはじめとするフルーツ類や、「レバー」、「小豆」などの食材に効果が期待できます。

発毛サプリ一覧


薄毛対策としての食べ物は民間療法

薄毛対策というと、最近ではやはり「薄毛対策専門の医療機関を利用する」という考え方が主流になってきつつあるようです。

しかし実際のところ、頭では専門機関での治療がベストであるとわかっていながらも、どうしてもその方向に舵を切ることができない人が多いといえます。

では、なぜ「良い」とされる専門機関での治療に踏み切ることができないのかというと、これはやはり「費用が高い」という部分に大きな理由があるといえます。

しかし、だからといって、市販されている薄毛対策製品の場合、どうしても「効果が低い」という認識が強いため、市販品を利用するという考え方は排除してしまうことも多くなります。

実際、そうした薄毛対策商品も、決して安い値段ではないですから、それならば



という発想になってくるわけです。

そうなってくると、今度は逆に、急に「民間療法」の方向に走ってしまう人が多いという印象も正直あります。

しかし薄毛対策にまつわる民間療法の場合、他の病気の民間療法にくらべると、比較的医学的根拠に基づいたものが多いということで、即効性は別としても、それはそれでアリなのではないかなという気もします。

そういった「民間療法」の代表的な対策として挙げることができるのが、「薄毛対策に良いとされる食べ物を摂取する」という考え方になるわけです。

薄毛対策に効果的であるとされる食べ物はいろいろありますが、その代表的なものが、



ということになります。その中でも代表的なものが、「納豆」ということになります。また、トウガラシに含まれている辛み成分が、薄毛対策には適しているという研究もすでになされており、「納豆にトウガラシをかけて食べると効果はさらに絶大である」という、民間療法とも都市伝説ともつかないウワサもあります

ただ、「良い」とされることですので、何もしないよりは積極的に実験してみるのも悪くないとおもいます。


薄毛対策としての食べ物の情報について

薄毛の対策に関しての情報はとにかくいろいろあります。中にはかなり眉唾物の情報もありますし、あるいは、明らかに「ガセ」と断言できるレベルの不思議な情報もあります。

そんな中で、正しい薄毛対策の方法を選択しなければならないのは当然のことですから、いろいろな情報を参考にするという考え方は間違いではありませんので、それぞれの情報をしっかりと精査するという考え方が重要になります。

そういったさまざまな情報の中でも、薄毛対策と関連付けて語られることが意外と多いのが、「食べ物」に関する情報です。

もちろん、医学的根拠があって主張している情報が最近は多くなっているのは事実ですから、それぞれの情報の信憑性は以前よりもずっと高くなってきているというのが正直な印象ではあります。

ただし、これらの情報のとらえ方は意外と簡単なものではありません。これはどういうことかというと、たとえば「○○さえ食べていればそれでもう大丈夫」といった論調の情報が多くなっているという印象を受けるようになってきているからです。

みなさんもすでにご存知のとおり、薄毛の対策というのは、そう簡単なことではないというのが実際のところです。

薄毛に関する研究者が試行錯誤を重ね、何年もの歳月を費やして、ようやく現在の薄毛医療にたどりついたのです。

そういう現実を受けて、「○○さえしていれば・・・」とか「○○さえ食べていれば・・・」という安易な発想が果たしてほんとうに通用するのでしょうか?

特に、食べ物による対策がほんとうに有効であったとするならば、ここまで薄毛に悩む人は多くならなかったというのが真実なのではないでしょうか。

もちろん、医学的見地に基づいた情報ですから、信憑性が高いことは間違いありません。ただし、



ということだけは、しっかりと認識していただきたいと思います。まずは、その意識からしっかりと植え付けるべきであると思います。


生え際の発毛は食べ物で可能?

今回は特に「agaの民間療法」にスポットを当ててみたいと思っていますが、やはり民間療法の中でもっとも注目が集まりやすく、そして、取っつきやすい方法が、「食餌療法」でしょう。

要するに、「食べ物」を工夫することで症状を改善しようではないかという発想は、agaに限らず、いろいろな病気に対して昔から試みられてきた療法です。

agaに関する民間療法(食べ物)についても、すでにいろいろな研究成果が発表されてきましたが、最近特に注目を集めているのが



実は亜鉛には、agaの進行を食い止めるのに適した効果が研究により認められているのです。しかも、agaの特効薬ともいわれる「プロペシア(フィナステリド錠)」も、直接亜鉛の成分は含まれていませんが、亜鉛が効果を示すのと同じ原理を応用してつくられた薬であるという説もあるほどです。

aga男性型脱毛症の治療薬

同じagaの症状の中でも、亜鉛が特に効力を発揮するとされているのが、「生え際の後退を食い止める」という効能です。

agaの代表的な症状である「生え際の後退」は、改善するイメージを描くことさえ難しく感じられたりもしますが、これが比較的身近な栄養素のひとつである「亜鉛」によって改善される可能性が見出されているということで、学会では、このことがかなり大きなニュースになっていたそうです。

生え際の後退というのは、意外とシンプルなメカニズムで発症します。ズバリ、「患部の栄養不足」がその主な原因になっています。亜鉛には、患部にまで栄養を届ける効果がある、つまり、「生え際の発毛効果がある」と考えられているのです。

発毛サプリ一覧


食事に気をつけるのは理にかなっている

aga(男性型脱毛症)は、一般的な病気からすると、「やや特殊な病気」であるという印象を覚える人が多いかもしれませんが、しかし特殊であろうと典型的であろうと「病気は病気」ですから、症状がある以上は、自分が置かれている立場をよく理解し、それなりの対策・対処を講じなければならないことは間違いありません。

どんな病気であっても、やはり「病気に罹ってしまった」という状況下では、さまざまな制約を受けなければならないケースが多いですが、そういった制約とは無縁であるように感じられるagaであっても、実はある程度の制約が必要になってしまいます。その代表的な必要とは、「食事に関する制約」ということになります。

おそらく、自分が病気であるという状況下に置かれてもなお、好きなものを好きなだけ食べて好きなものを好きなだけで飲んで・・・などという食生活を送る人はいないでしょう。

本気で病気を改善、克服したいと考えているのであれば、好き放題の食事をしていてよいはずがありません。一説によると、生え際の後退は、食事と大いに関係があるとされます。

ですから、確かに、近年はagaに関するいろいろな情報を簡単に入手できるような時代になってきたため、「発毛効果のある食事」などが注目されがちですが、しかしよく考えていただければわかるように、これはある意味、昔から言われるように、「海藻類は髪にいい」といった迷信に近いケースがほとんどであるともいえるのです。

それであれば、食事によって発毛効果を期待するというよりは、むしろ「規則正しい食事を適量摂取することによって、agaを進行させない」という考え方は、



といえるはずです。もちろん、食事による発毛効果についての情報を収集してこれを実験することも悪くはありません。ただ、その大前提として、「偏った食事はしない」という部分に関しては、確実に遵守する必要があるといえるでしょう。


発毛は食べ物では期待出来ない・・・

現在薄毛に悩んでいるという人が、「薄毛対策として有効な食べ物」を積極的に摂取することで、薄毛の解消を目指そうという考え方には、はっきり言って無理があります

もちろん、薄毛や発毛と食べ物の関係が希薄であるというわけでは決してありませんが、しかし、すでに薄毛を発症してしまった人にとっては、食べ物で何とかするよりは、やはり病院に行って専門的な薬を投与してもらうとか、あるいはサプリメントを服用して、時間をかけて改善をはかるという考え方のほうが安全です。

病院で薄毛治療

ただし、将来的に薄毛のケアをしたいと考えて、食べ物について見直してみるといった発想であれば、これはむしろメリットが大きいといえます。

サプリメントもそうですが、やはり発毛というのは、ある程度長い時間をかけて、「現状維持」を最低限の目標とすることで、徐々に行っていくものであるといえますので、食べ物をいくら工夫したところで、



ということを、まずはしっかりと認識していただきたいと思います。

発毛効果が期待できる食べ物はいろいろとあるようですし、また、そういった情報に関しては、インターネットで検索していただければいくらでも見つけることができると思いますので、ここではそういった食べ物の紹介ではなく、もうちょっと別の角度から「食べ物と発毛の関係」にアプローチしてみたいと思います。

いわゆるaga(男性型脱毛症)のように、男性ホルモンが影響している場合と、皮脂の分泌が過剰になっていることで、発毛が阻害されてしまっているというケースが考えられますので、やはり食べ物によって薄毛の対策をしたいということであれば、男性ホルモンの分泌を抑える効果がある食べ物や、皮脂の分泌を抑える食べ物を摂取したいところです。

頭皮の皮脂は大事で邪魔

前者であれば、納豆に代表される「大豆イソフラボン」が有名であり、後者で言えば、特定な食べ物というよりは、あまり脂肪を過剰に摂取しないということをこころがけることが重要です。

発毛サプリ一覧


発毛に悪い食べ物は知っておこう

昔から聞く「ワカメやヒジキを食べると髪が生えてくる」などという「いわれ」は、残念ながらその多くが、医学的根拠のない「イメージ」や「思い込み」にすぎないと言わなければなりません。

昔の人のいうことは間違っていないなどと言われますが、さすがに「発毛と海藻」に関しては、まったく関係なかったというのが実際のところです。

ただ、何を食べても発毛とは無関係ということでもないというのも、どうやらまた正しいと言えそうです。

そして逆に、発毛には悪い食材と言いますか、発毛を妨げる効果のある食事も考えられないわけではありませんので、今回はこのあたりについて検証してみたいと思います。

昔からよく言われるのが、頭皮に分泌する「皮脂」が、細胞の酸欠を誘発し、結果的に発毛を妨げる、あるいは薄毛の原因になるというようなことが言われていますし、事実、薄毛に悩む人の多くが、実はこの「皮脂の分泌」がその原因となっているともいえるのです。皮脂の分泌が多くなる原因と考えられるのが、「脂肪の摂取」です。

ダイエットの話の際にも、脂肪は事あるごとに「悪いヤツ」と認定されてしまいますが、しかし脂肪はそもそも、エネルギーとして絶対必要な物質ですから、脂肪をまったく摂取しないということになると、今度はむしろ逆効果があると考えられます。

しかし、脂肪を過剰に摂取してしまうことで、皮脂も過剰に分泌することになりますので、発毛の妨げとなる可能性が高まる食事としていえることは、



ということにはなるでしょう。

身体が健康な人であれば、発毛が阻害されるようなことはないといったことがよく言われますが、これは「栄養のバランスがとれた食事を摂る」ということが、薄毛対策の基本であることとオーバーラップしてきます。食事は発毛にもとても重要なファクターなのです。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)