育毛剤の発毛率、効果は?

髪に不安を覚えたらおそらくほとんどの人は育毛剤を利用している事と思います。気軽に買える育毛剤ですが、育毛剤のみで満足できる結果になった人が周りにいるでしょうか?

育毛剤の効果を提唱しているのではありません。育毛剤はあくまでも育毛を促進するために私も利用しています。しかし、それ以上にあなた自身が髪や頭皮の為に悪い事を続けていては効果は期待できないと私は思っています。

私自身も育毛剤は20代の頃から利用しています。そして今でも使っているのですが



と私自身の経験でそう思うのです。あくまでも育毛を促進させる為として補助的な役割に期待しているのです。

発毛・育毛剤一覧


育毛剤だけに頼っても・・・

私は育毛剤は頭皮を土に例えるなら肥料だと思っています。そして目的である髪の毛は植物。土壌を整えるためには利用したほうが良いと考えています。多くの農家がそうしているように・・・

しかし、肥料を与えるだけで育つほど甘くありません。耕すこともしなければなりませんし、十分な水や日光を与えなくては植物は育ちません。それは育毛剤も同じことだと思うのです。実際に私は20代の頃から十数年利用していますが育毛剤だけに頼っていた頃に効果を実感したことは実際にありませんでした

いろんな書物を読んでみて育毛や発毛には仕組みがありすべてを整えなければならないと感じています。育毛剤はその一つとしてなら私は期待を寄せています。


今でも利用している育毛剤

すべての環境を整えることを条件に育毛剤を私は活用しています。だから育毛剤は私自身、重宝しているのです。なんとなく効果を実感している今もなお、育毛剤は毎日のように頭皮のケアに役立てているのです。

育毛剤には発毛や育毛を促進させる成分が多分に含まれています。血行促進や発毛や育毛を阻害している男性ホルモンを抑制するなど頭皮の環境にとって良いとされるものが含まれているという事なので



その辺は育毛剤専門のサイトを閲覧したほうが良いかも知れませんが育毛剤だけに頼るのではなく育毛剤も効率よく取り入れながら発毛を促進させていく事が重要だともいます。


育毛剤が買える場所

育毛剤は様々な場所で販売されています。血行促進を目的とした育毛トニックと言われる商品はコンビニでも売られています。ただ、やはり品数を多くそろえているのはやはりマツモトキヨシやスギ薬局といったドラックストアという事になると思います。大型ショッピングモールも同様にいくつもの育毛剤を確認することができると思います。


ただ、育毛剤は見てその良し悪しが分かるものでもありません。店頭で販売されているメリットはあまりありません。また、急いで購入し今すぐ使用しなければならないというものでもありませんので出来る事ならじっくりその成分などを確認して厳選して選びたいものです

そんな育毛剤はやはり通販での購入がオススメです。商品はしっかり選べますし何より安く購入できることも多いです。そして店舗販売されてないものからも選べるので選択肢の幅が広がります。

アマゾンや楽天などの大型通販サイトや育毛剤メーカーの公式サイトなどからの購入が育毛剤の買い方として賢いと思います。中にはサロン用で使用されているようなものも購入できます

育毛剤は継続して使用することが推奨されています。公式サイトでは定期購入プランなどお得に買えることも多く、継続的に使用しやすい環境で販売されています。より良い育毛剤、より安く購入するために通販で探すメリットは大きいと思います。

発毛・育毛剤一覧


育毛剤の使い方

髪の毛に対する執着はすごいもので良いのか分かりませんが2種類、または様々な育毛剤を混ぜて自分なりの最強の組み合わせでを自分で作ってしまっている人がいます。また、身近にあるものを使って自分で手作りしている人もいます。

ただ、育毛メーカーが一生懸命考え抜いた成分ですからそれ以上のものが自分で作れるとは思えません。効果が実感できない為に独自で試行錯誤しているのかもしれませんが、もしかしたら使用方法が悪いのかもしれません

当然、育毛剤にはしっかり使用方法が記載されていると思います。基本的にその使用方法を正しく守る事が重要で1日1回と記載されているのならそれ以上はやり過ぎになってしまいますし使用するタイミングもしっかり確認しておかなければなりません。

多くの育毛剤はスプレータイプや塗るタイプでも髪を洗った後の清潔な状態で使用することを推奨されている事が多いと思いますが、濡れた髪の状態で使用するべきなのか、しっかりドライヤーで乾かすべきなのか、付けた後にドライヤーでしっかりと乾燥させるべきなのかも確認しておきたいところです。せっかく使用するのですからその成分がしっかりと浸透し効率よく育毛効果を発揮できるように使用すべきです。

あくまでも一般論での使用方法ですがシャンプーで頭皮の汚れをしっかりと落とし育毛剤の成分を浸透させやすくしておきます。そしてしっかりと水気を取り頭皮に残る水により育毛剤を邪魔させないようにします。その状態にしたら容量をしっかりと守り頭皮に付けマッサージをしながら浸透させていきます。もちろん、それぞれの育毛剤の使用方法をしっかりと確認しなければなりませんが一般的にはこの使用方法が基本となっています。

育毛シャンプーを使う理由

マッサージで血行促進促進


育毛剤の副作用は?

もし、育毛剤を使用してかぶれ湿疹赤くなるヒリヒリと刺激があったりしみるなどの症状が現れたりした場合はすぐにでも使用を避けるべきです。そんな育毛剤を使用し続ければ肌荒れをおこし頭皮環境が悪化し逆効果です。

基本的に臨床試験なども行われ副作用の心配は少ないと思いますが万全ではない為、初めて使用する際はパッチテストなどを行うくらい慎重に考えるべきです。ただそのような自覚できる症状が現れたら流石に使用をストップすると思いますが怖いのが知らない間に副作用が始まってしまう事です。



成分が浸透するのですから頭皮だけの問題ではありません。血行を良くする成分も入っていますし腎臓、心臓などの内臓に影響を与える可能性は否定できません。むくみ、めまいなどの症状として表れる可能性もあります。

一部成分には脳梗塞、脳卒中の危険性を疑う記事も目にします。少しでも症状が現れたら迷うことなくストップし医師に相談すべきです。そして胡散臭い育毛剤は避け特に日本での認可を受けていないような輸入物を使用する際には特に注意する必要があります。育毛剤は必ずしも安全なものばかりではない事も確かです。

発毛・育毛剤一覧


育毛剤の使用期間は?

育毛剤は早ければ早いほど良いとされています。20代、30代の若い内から始めるのが良いとされています。17、18歳で使用している人もいると聞きます。若ハゲという言葉があるくらいなのでそんな年齢から頭皮を気にする人も中にはいると思います。そして60代、70代から始める人もいるとおもいますが、だからといって遅いという事も無いようです

育毛剤の本来の目的は髪の毛をはやす事では無く髪の毛が生える環境を作ることです。その環境を作ることは早いに越したことはありません。青年以上なら早いほうが良いはずです。

ただ、それを使用する期間に関してはあまり触れられていません。もしかしたら一生使用し続ける必要があるのかもしれません。一応、よく言われているのは3ヶ月から6ヶ月でその効果が期待できると言われています。少なくとも半年程度は信じて使いたいものです。

逆に1日2日で効果が期待できるようなものでも無く、2ヶ月、3ヶ月程度でその良し悪しは判断できないという事になります。効果が出るとしたら少なくとも3ヶ月以降という事を考えてじっくり様子を見ていきましょう。

辞める時期は半年たって効果が無いと判断された時、満足いく結果になった時、それ以外は継続して使っていくことで頭皮環境が守られるのかもしれません。しかし、1年使用して、2年使用して効果を感じたという口コミもありますのでやめ時は正直分かりません。


薄毛対策で育毛剤

「男性型脱毛症(aga)」についての宣伝が大々的に行われるようになり、今ではもうすっかり「薄毛はお医者さんに治してもらおう」といったキャッチフレーズはしっかりと私たちの中で定着してきている感もあります。

しかしやはり何といっても、「薄毛の対策」と言われれば



ということになるでしょう。病院で治療するという考え方にくらべれば、育毛剤はどちらかというと古典的な考え方になるとは思いますが、しかし今でもなお、育毛剤への信頼度の大きさは揺るぎないものがあるといえるはずです。

病院で薄毛治療

しかし、それだけ信頼度が高く、これまでも実績を残しているヘアケア製品だけに、育毛剤には



であると言わなければなりません。そのため、自分の症状に合った育毛剤をどこでどうやって探し、入手すべきなのか、そしてそのときにかかる費用はいったいどれくらい必要なのかといった調査事項が数多くあるということになります。

もちろん、育毛剤にはいろいろなタイプの商品がありますし、また、薄毛にもいろいろなタイプがあるわけですから、薄毛になったら何でもいいからとにかく育毛剤をつかおうといった安易な発想は非常に危険であるといえます。ですから、薄毛の対策として育毛剤を利用しようという方向性が決定したら、まずはどの育毛剤を選択すべきかというところに神経を集中させる必要があるといえるでしょう。

もうひとつ、育毛剤による薄毛対策の際に注意すべきことは、「ほんとうはこれが良かったのだが、値段などの関係で別のものにしてしまった・・・」ということが往々にして起こりやすいということです。ただでさえ、薄毛対策は非常に難しいと考えられているにもかかわらず、ちょっとした理由で決定した方向性が簡単に覆されてしまうのが、育毛剤による薄毛対策の難しいところでもあるといえます。そのあたりのことも、しっかりと頭に入れて、育毛剤選びをしていただきたいと思います。


発毛剤と育毛剤の違い

薄毛という悩みを持っていらっしゃるご本人からすれば、「発毛剤でも育毛剤でもいいから、何とかしたい!」と、視野が狭くなってしまいがちですが、しかし今のところ薄毛にはなっていないが、そろそろ対策しておいたほうがよいかな・・・などと考えている人からすると、「ところで、発毛剤と育毛剤って、どう違うの?」という素朴な疑問が生じたりもするものです。今回は、この「発毛剤と育毛剤の違い」について迫ってみたいと思います。

おそらく、ことばの微妙なニュアンスをみなさんも聞き分けていると思いますが、まさにそのニュアンスのとおり、すなわち、「発毛剤」は、「毛髪が抜け落ちたあと、生えてこなくなった毛穴からの発毛を促すもの」であり、「育毛剤」は、「産毛を含み、現在頭皮から生えている毛髪を太く、たくましく育てるためのもの」であると定義づけすることができます。

これに加えて、「養毛剤」などと呼ばれるものもあります。ちなみにこの「養毛剤」というのは、一般に広くつかわれている「ヘアトニック」などを含み、「髪に栄養を与えるためのもの」であると定義されます。

ですから、薄毛対策として一番適しているのが「発毛剤」であり、髪の毛が細くなってきたなどといった悩みの対策となるのが「育毛剤」ということになります。「養毛剤」の場合、髪の毛がある人にとって必要なケアですので、薄毛対策とは別個に考えたほうがよいといえるでしょう。

いろいろな解釈のされ方があるようですが、一応、定義づけとしては上記のようになるということを覚えておいていただきたいと思います。ご参考まで。

発毛・育毛剤一覧


女性用の育毛剤

男性の薄毛と女性の薄毛は基本的に原因が異なります。薄毛に悩む女性は男性ほど多くはありませんが年齢を重ねるにつれ薄くなっていくのは原因は違えど男性も女性も同じです。

想像以上に抜け毛や薄毛に悩む女性は多いのかもしれません。そして男性とは違い薄毛に対してスキンヘッドなど出来ない為、誤魔化しがききません。より薄毛という状況を深刻に考えている人も少なく無いはずです。

女性向けの育毛剤も数多く販売されておりますが男性用育毛剤には無い成分も数多く含まれます。生理や出産、閉経など育毛に大きく影響するホルモンバランスは変動しやすく崩しがちです。年齢によってもその原因は異なる事も多いようですがじっくり成分を考慮してしっかりと選びたいものです。

育毛のみならず綺麗な髪が求められる女性。その点も考えられて作られたものも多いので選択は少なくありません。


育毛剤の成分について

育成剤にはさまざまな成分が含まれています。どのような成分が含まれているのか人気成分のご紹介をしたいと思います。

ミノキシジル
本来、血管拡張剤として開発された成分ですが、発毛効果があることが分かり育毛剤成分に使われるようになりました

M-034
近年開発された発毛新成分で、多くの実験でミノキシジルと同等の発毛効果が認められています。毛髪が抜けないように支えている外毛根鞘細胞の増強に働きます。

バイオポリリン酸
本来人間の体内に存在する成分で、毛乳頭細胞に発毛命令を正確に下す役割があります。

セファランチン
アレルギー抑制、血流改善効果があり、円形脱毛症や粃糠性脱毛症に効果でも知られています。結核治療にも使われていた成分です。

塩化カルプロニウム
頭皮の毛細血管を拡張し、血流を増加させる効果があります。円形脱毛症の治療薬として人気の成分です。

イソプロピルフェノール
殺菌消毒、防腐剤として使用される成分で、頭皮や粘膜から吸収されやすいため、フケの発生や炎症などを抑えます

EPC(ビタミンE・C複合体)
ビタミンEとビタミンCが結合した成分です。保湿と過酸化脂質発生防止効果があり、その上フケ防止にも働きます。フケ菌、アクネ菌の抑制効果があります。そして地肌のターンオーバーを正常にしていきます。

ニコチン酸アミド
血行促進効果が高く、肝臓、米ぬか、酵母、落花生などに多く存在しているビタミンB群の一つです。毛根に直接働き掛けて、血流を改善していきます。毛母細胞の活性化にも働き、育毛効果が高いビタミンと言われています。

パントテニルエチルエーテル
細胞賦活作用をもつビタミンB群の一つです。毛母細胞の活性化に働きます。育毛には欠かせないビタミンの一つです。

ヒノキチオール
殺菌力、抗菌力、消炎効果が高く、浸透性の強い成分です。フケや痒みの防止にもしっかり働きます。檜の皮から抽出されたエキスに含まれています。

スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)
健康にも欠かせない抗酸化作用を持った成分です。特に強力な抗酸化成分を持ち、青汁などに配合されているオオムギ若葉などにも多く含有されています。育毛にも効果が高く、抜け毛を減らし、健全な毛を育てて行く働きがあると言われています。人間が長寿なのはSOD酵素の働きがあるからとも言われており、健康にも欠かせません。

パパイヤ果実エキス
育毛剤の頭皮浸透をサポート。パパイヤ果実エキスはフルーツ酸により、角質を軟らかくします。それによってさまざまな育毛剤が頭皮に浸透する率が高まります。ピーリング剤として、ニキビやシミの改善に使われている成分で、古い角質を取り除きます。

塩酸ピリドキシン
多くの育毛剤に使用されている成分です。血液中のヘモグロビンを生成する働きがあるため、貧血の治療薬としても利用されます。口内炎の治療薬にも配合されている成分で正体はビタミンB6。アボガドやバナナ、ピーナッツなどに多く含まれている成分なのです。血液の量が増えることは体内を巡る血液の量が増えることになり、多くの血液に乗った栄養が頭皮の毛細血管を通して毛根に運ばれることになります。

毛母細胞の細胞分裂の指示をサポート。そして血流量を増やす効果で髪の成長をサポートします。そして抗炎症効果やフケ、痒み抑制効果があり、頭皮環境にも働きます。頭皮の炎症はシャンプー剤の刺激や皮脂過剰による雑菌の影響などがあります。塩酸ピリドキシンはこのような炎症を抑えて毛根へのダメージを防ぐのです。

β-グリチルリチン酸
甘草という植物から抽出されるグリチルレチン酸を、加水分解して作り出す成分です。甘草は甘味が強いため甘味料に利用されたり、健胃効果があることから胃薬に使用されたりします。

男性の薄毛に多い男性型脱毛症に影響する男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼ酵素と結び付くことで、薄毛を促進させてしまいます。β-グリチルレチン酸はテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことを阻害するため、男性型脱毛症を抑制するのです。

リンゴ幹細胞
絶滅危惧にさらされているスイス産のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞を人工培養にて増やし、抽出したエキスのことを指します。アンチエイジングとして強力な抗酸化作用が高い効果を示している成分です。細胞の修復する能力があり、育毛剤としても人気があります。髪の成長を促す成長因子(グロースファクター)として細胞に直接働きかけることで育毛を促進していくのです。

カゴメフコダイン(FGF-1)
カゴメ昆布から抽出したぬめり成分のフコダイン。毛乳頭細胞から育毛たんぱく質FGF-7が分泌されることで毛母細胞が増殖。つまりFGF-7の産生を高めることが、毛母細胞の増殖につながるのです。ガゴメ昆布などの「フコイダン」にはFGF-7の産生を高めることができます。昔から髪の毛に昆布が良いと言われている理由はここにあるのです。

アルガンオイル
アルガンオイルは、地肌に栄養を与える働きがあります。不飽和脂肪酸が多く含まれているアルガンオイルを配合することで、血行促進や育毛にも効果があるのです。アルガンオイルにはビタミンEも豊富に含まれ、地肌の健康を守ります。また強力な抗酸化作用、地肌を清潔には持つ殺菌作用が育毛をサポート。つまり、アルガンオイルを使用することによって、地肌を健やかに保ち、栄養を与えて髪の毛を伸ばす効果が考えられるのです。肌や環境にも優しいオーガニック原料ですから


発毛剤口コミ

育毛剤、発毛剤を選ぶ際に問題になってくるのは、「いったいどの発毛剤をつかうべきなのか」という点です。おそらく、これまでに発毛剤を利用したことがないという人であれば、「発毛剤なんてどれだって同じじゃないの?」と思うことでしょう。しかし実際のところ、発毛剤の種類は非常に多く、使用されている成分も様々です。初めて利用する人からすれば、どれを利用すべきなのかというところでみんな悩んでしまうことでしょう。

そんなときに役に立つのがアットコスメをはじめとした「口コミ情報」です。口コミ情報であれば、過去実際発毛剤を利用したことがある人が、体験談として克明にその使用感や効果、価格などについて報告してくれますので、迷ったときにはぜひ口コミ情報を参考にしていただきたいと思います。そうした口コミ情報は、一般的には「口コミサイト」などと呼ばれるサイト上に掲載されていることが多いです。「発毛剤 口コミ」などと入力して検索すれば、そういったサイトはたくさんヒットすると思われます。

もちろん、ヤフー知恵袋2ch掲示板などでも使用体験の感想は確認することができるサイトの一つです。また、口コミではありませんが楽天などの売れ筋ランキングなどを確認すると今人気の育毛剤を確認することが出来ます。

ただし、それはあくまでも売れているだけであり効く効かない等の効果や結果をうかがい知る事は出来ません。そして当然ですが「口コミ情報を鵜呑みにしてはいけない」ということです。もちろん、「参考にする」というスタンスであればぜひ有効活用していただきたいことは事実ですが、薄毛というのはすべての人に共通する症状ではありませんし、よしんば同じ症状だったとしても、原因や経過が異なるわけですから、同じ発毛剤で同じ効果を得られるものではない、というのが重要なポイントになるのです。

当然、ランキングで1番、上位人気になる理由は安いという理由から宣伝効果も大きく反映されるため1番効く育毛剤という意味ではありません。そのあたりを踏まえて、発毛剤に関する口コミ情報を「有効に」利用しなければなりません。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)