育毛剤を安全性で選ぶ

育毛剤においても当然、安全性は最重要項目です。当然、その安全性は育毛剤を選ぶうえで欠かすことは出来ません。

ただ、聞いたことも無いような商品ならいざ知らず、ある程度有名な育毛剤でそこまでの粗悪なものが販売されているとはちょっと考えにくいので怪しいものを購入しなければよっぽど不安に感じる必要も無いように思います。

しかし、危険というほどのものでは無いにしても、やはり、よろしくない成分というものもあります

よく育毛剤で安全性を謳い無添加を強調する場面で登場する成分をご紹介します。

ただ、同じような成分だけど名前が違うという事も多々あります。そこでほぼ同成分であることもしっかり理解した上で調べる必要がありそうです。

「○○は含まれていません」と記載されていても、名前が違えどほぼ同じ成分が含まれていては意味がありません

大変な作業ですが安全性に妥協は許されません。しっかり調べていくことにします。

アルコール(エタノール、無水エタノール)

アルコール自体はほとんどの育毛剤に使用されています。その目的は血管拡張、血行促進、皮脂の除去、成分の調合などいろいろな意味も含まれています。

ただ、刺激物には変わりなく無添加やごく少量しか含まれていない育毛剤を選ぶと安心です。

防腐剤(安息香酸、安息香酸Na、サリチル酸、サリチル酸Na、シメン-5-オール、水酸化K、デヒドロ酢酸Na、パラベン、ヒノキチオール、フェノキシエタノール)

雑菌を防ぐ役割がありますがかぶれなどを引き起こす原因ともいわれています。それが防腐剤です。雑菌ではなく必要とされる常在菌まで殺菌することにより乾燥を招くなどの弊害があるとされています。

有名なのはパラペンですが「パラペン不使用」と記載されているだけでは他の防腐剤が使用されている可能性もあるため、防腐剤役割の成分をしっかりと確認しておく必要があります。

防腐剤不使用と表記があればこの項目はクリアしていきます。

界面活性剤(キサンタンガム、PEG、オキシド、DEA、MEA、ベタイン)

合成ポリマー(コポリマーボリマー、ジメチコン、シメチコン、クロスポリマー、カルボマー、ジメチコン)

合成香料合成着色料紫外線吸収剤鉱物油シリコン酸化防止剤PH調整剤など

育毛剤の成分をチェックする

上記のあまりよろしくないという成分が入っているのかどうかを育毛剤の成分一覧から確認しておきましょう。

特に「その他の成分」をチェックすると髪の育成とは関係ない、育毛剤を精製する際に便利な成分が含まれていることがあります。

その中で使用しないほうが良いとされる成分も安価などの理由で使用されているものもありますので要チェックです。

まずは成分一覧を確認していこうと思いたいところですが、成分を表記していない公式サイトもいくつかありました。店頭には置いていない商品でありながら成分を表記していないとは問題だと思います。

まあ、当サイトはパッケージには記載義務がありますので、そこで確認してすべてを紹介していますが公式サイトに記載していない時点で疑うべきだと思います。

✖フィンジア

✖プランテル

✖エヴォルプラス

✖CA101

これらの育毛剤は公式サイト(広告ページも含む)に全成分の記載が確認できなかった育毛剤です。上記商品が極めて悪質という訳ではありません。

確かにすべての成分について一般ユーザーがその内容を理解した上で購入判断することのほうが珍しいと思います。

宣伝のための公式ページに専門的な知識である成分を記載する意味が無いケースがほとんどです。

ですから公式ページに記載していないから粗悪な商品と決めつけるのは早計です。

ただ、記載のない育毛剤を多数確認しましたが大抵はフェノキシエタノールが配合されていました。

完全無添加で疑わしき成分は一切配合されていない育毛剤となればかなり少数であることが分かりました。

添加物が少量でも配合された有名育毛剤

ここでは公式サイトに全成分が堂々と記載されているものの上記で挙げた添加物が配合されている育毛剤をご紹介しておきます。

良くはないとされる成分がどれだけ配合されているのかという量の問題もあると思いますので必ずしも粗悪な商品であると断言しているものではありません

・チャップアップ

[有効成分]センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、トコフェロール酢酸エステル、D-パントテニルアルコール

[その他の成分]1,3-ブチレングリコール、キサンタンガム、無水クエン酸、クエン酸ナトリウム、エタノール、ピログルタミン酸イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンオクチルドデシルエーテル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、油溶性マサキエキス、無水エタノール、グルコシルヘスペリジン、L-グルタミン酸ナトリウム、塩酸リジン、ショウキョウエキス、濃グリセリン、ピロ亜硫酸ナトリウム、グリシン、マツエキス、塩化亜鉛、チャエキス(1)、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、ヒキオコシエキス(1)、シナノキエキス、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ニンニクエキス、ローマカミツレエキス、ゴボウエキス、アルニカエキス、セイヨウキズタエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ローズマリーエキス、ニンジンエキス、サクラ葉抽出液、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム液、L-アルギニン、L-アスパラギン酸、L-アラニン、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、ジオウエキス、ダイズエキス、ドクダミエキス、チョウジエキス、マロニエエキス、ウメ果実エキス、チンピエキス、センキュウエキス、トウキエキス(1)、イチョウエキス、セイヨウサンザシエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、キイチゴエキス、キウイエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、ユズセラミド、冬虫夏草エキス、トマトエキス、ヘマチン液、フェノキシエタノール、カモミラエキス(1)

MONOVOヘアトニックグロウジェル

【有効成分】センブリエキス、グリチルリチン酸2K
【その他の成分】ゲンチアナエキス、ジオウエキス、ビワ葉エキス、シラカバエキス、BG、濃グリセリン、クエン酸キサンタンガムアクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体水酸化K、EDTA-4Na、パラオキシ安息香酸エステル、精製水

バイタルウェーブ

水、エタノール、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ソウパルメット果実エキス、PG、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、プラセンタエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ガゴメエキス、ローヤルゼリーエキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、マグワ根皮エキス、加水分解シルク、モウソウチクたけのこ皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、1,2-ヘキサンジオール、チャ葉エキス、ベントナイト、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン、乳酸Na、デキストラン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、レシチン、キサンタンガム、塩化亜鉛、ココイルサルコシンNa、コレステロール、水添レシチン、フェノキシエタノール

花蘭咲

水、エタノール、エビネ抽出エキス、1.3-ブチレングリコール、エイジツエキス、ローズマリーエキス、サンザシエキス、ワレモコウエキス、チャエキス(1)、トリメチルグリシン、トウキエキス(1)、フェノキシタノール、センブリエキス、トウガラシチンキ、パントテン酸カルシウム、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシン、ユズエキス、ビオチン、l-メントール、クエン酸

グローパワー

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、海藻エキス(1)、グルコシルヘスペリジン、ニンジンエキス、ビワ葉エキス、トウヒエキス、 1,3-ブチレングリコール、エタノール、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、トウキエキス(1)、 シャクヤクエキス、ボタンエキス、ブクリョウエキス、ベニバナエキス(1)、クチナシエキス、タイソウエキス、 ローヤルゼリーエキス、ブドウ糖、グリセリン、サクラ葉抽出液、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、豆乳発酵液、 ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、香料、クエン酸ナトリウム、クエン酸、精製水

避けたほうが良いとされる成分であるとはいえ、配合が認められている成分なので必ずしもすぐ危険という訳では無いと思います。そもそも、そんな危険なものが堂々と販売されているはずもありません。

ただ、一応避けたほうが良い成分として出来れば無添加、少なくとも少量であることが望ましいことに間違いありません。

添加物成分を徹底的に排除されている育毛剤3選

安全は軽視できませんが、効果がなければ使わないほうが良いとも言えます。育毛剤を安全性だけで選ぶのもまた、違う気がしますが出来るだけ配合を避けたほうが良いとされる成分が見受けられない、そういった意味で安全性が高いと思われる育毛剤についてご紹介していきます。

THE SCALP 5.0C

水、BG、腐植土抽出物、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、グリセリン、ピロ亜硫酸Na、セイヨウアカマツ球果エキス、塩化亜鉛、チャ葉エキス、ヒト脂肪間質細胞順化培養液、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-41、金、白金、セルロースガム、炭酸水素Na、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、クエン酸Na、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、グリチルリチン酸2K、イノシトール、アラントイン、センブリエキス、カミツレ花エキス、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、スイカズラ花エキス、グレープフルーツ果実エキス、銀、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、オタネニンジン根エキス、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス

Growth Project. BOSTON

合成香料不使用、合成着色料不使用、防腐剤フリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリーです。

水、エタノール、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、モウソウチクたけのこ皮エキス、アマモエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、グリチルリチン酸2K、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ビオチノイルトリペプチド-1、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、アピゲニオン、オレアノール酸、カンフル、PVP、グリセリン、レシチン、ダイズ油、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na

M-1育毛ミスト

有効成分:グリチルリチン酸 2K、センブリエキス、ニンジンエキス
その他成分:精製水、酵母エキス(3)、加水分解ケラチン液

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)