aga(男性型脱毛症)の治療薬

男性型脱毛症(aga=エージーエー)の治療薬は数多く存在するため、aga患者さんにとってどの治療薬が良くて、どの治療薬がよろしくないといった見解を簡単に求めることは、少々危険であるといえます。

薬を服用することでagaの治療を行いたいということであれば、専門医の診断を受け、その処方にしたがった投薬治療であることが望ましいといえます。

さて、それではaga治療薬にはいったいどんなものがあるかというと、おそらく多くの人が真っ先に思い浮かぶのが、「飲む育毛剤」などと評されることもあるくらい効果が高いとされる



です。一般には「プロペシア」といったほうがわかりやすいかもしれません

プロペシアは、agaの原因のうちの大多数を占めるとされる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する効果が高いとされる薬であり、投薬治療を現在行っているaga患者さんの多くが、この薬を試していると言われている薬です。

また、agaの原因のすべてがDHTであるとは言えない部分もあり、たとえば何らかの事情によって、発毛をつかさどる器官に血行障害が起こってしまっているとする説もかなり有力視されています。

その場合の治療薬として有名なのが、発毛をつかさどる部分の血行促進の効果が高いとされる



という治療薬です。

この「ミノキシジル」という薬は、もともと「高血圧患者向けの血管拡張剤」として開発されたものでした。その副作用として、「多毛症になる患者が多くみられた」という症例が多数報告されており、そこからヒントを得て、発毛治療薬として生まれ変わったものです。


実は、新薬開発の背景には、そうした「派生的な新薬」が多く、知識がない人からすると、ちょっと不安になるような情報のように思われるかもしれませんが、そうした心配の必要は、基本的にはありません。

とはいえ、「プロペシア」にしろ「ミノキシジル」にしろ、「薬」である以上は必ず副作用がありますので、その点には注意する必要があることは言うまでもありません。

aga男性型脱毛症とは


男性型脱毛症治療薬フィナステリド

agaの治療には、数種類の専用治療薬があります。そのひとつが「男性型脱毛症治療薬フィナステリド」と呼ばれる薬ですが、この薬は、一般的には「プロペシア」として知られているケースのほうがむしろ多いのではないでしょうか。

「飲む育毛剤」のキャッチコピーを見れば、「ああ、あれか・・・」と、「プロペシア」をイメージする人が多いのではないかという気がします。


「男性型脱毛症治療薬フィナステリド」の効能としてよく知られているのが、毛根にある毛乳頭と呼ばれる部位で生成される男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制することです。

このDHTという物質は、毛乳頭付近にある発毛細胞の成長を妨げるという特徴があり、これが多くのagaの原因となっているとする説が有力視されているのです。

実際に、この「男性型脱毛症治療薬フィナステリド」の効果が高いという評価を受けていることから、aga患者さんの多くが、その治療方法として「男性型脱毛症治療薬フィナステリドによる投薬治療」を選択しているのです。

もちろん、「男性型脱毛症治療薬フィナステリド」は「薬」ですから、正しくつかわないときはもちろん、正しく服用したとしても、少々の副作用が現われることがありますので、服用に際しては注意が必要です。少なくとも、用法・用量を正しく守って服用するという大前提は守られなければなりません

特に、女性が使用しても効果がないことや、妊婦さんの使用は禁忌されていることなど、女性は絶対に近づかないほうがよいとされるのが「男性型脱毛症治療薬フィナステリド」という薬の大きな特徴となっています。

女性の薄毛対策


プロペシアの服用は十分に注意する

aga(男性型脱毛症)の治療薬と知られる「プロペシア」、おそらくaga治療薬としては草分け的存在となる薬でしょう。

実は、この「プロペシア」という薬は、正しくは「フィナステリド錠」というのですが、ここでは「飲む育毛剤」とまで言われて高く評価され耳慣れている「プロペシア」としてお話をすすめていきます。

さて、この「プロペシア」ですが、その効能や効力に関しては非常によく知られるところであると思います。ただ、昔から改善するのが難しいと言われてきたagaを改善させるだけのパワーを有した薬であり、ということは、



ということも疑いようのないところでしょう。となると、このプロペシアを服用する際には、十分注意しなければならない部分も多いということになります。

まず、プロペシアは「成人男性以外の服用が禁じられている」というところをしっかりと守る必要があります。

女性が飲んでも害になるわけではありませんが、しかし妊婦や妊娠の可能性がある女性がプロペシアを服用すると、お腹の中の胎児に害が及んでしまう可能性があります

ですから、女性は絶対に服用しないというのが、プロペシア使用上の重要な注意事項ということになります。

また、服用回数は「1日1回まで」と定められていますので、いかなる理由があっても、それ以上の服用は絶対に控えるようにしてください。

そして、服用方法に関しても注意が必要です。錠剤を服用するのが苦手な人で、ときおり、錠剤を砕いてオブラートなどに包んで飲む人もいますがプロペシアを服用する場合、これは禁止されています。ですから、プロペシアは錠剤の状態で、そのまま服用するようにしてください。

さらに、肝機能障害がある人は、場合によっては禁忌にあたる症状のケースもありますので、必ず医師に相談するようにしてください。

あとは、前立腺がんの検診を受ける予定があるという患者さんの場合、プロペシアの服用が、検査結果に影響を与える可能性がありますので、検査を実施する医療機関に、プロペシアを服用していることをあらかじめ知らせるようにしてください。


もう一つの男性型脱毛症薬

「プロペシア」には、男性ホルモンの「テストステロン」が毛乳頭に侵入した際に変異してつくられる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制し、その活性も抑制する効果があると言われています。

DHTは、毛乳頭付近にある発毛細胞の成長を阻害し、発毛機能を著しく低下させる物質であると考えられています。そのため、agaの発症原因としてもっとも注目される男性ホルモンであるといっても過言ではありません。

したがって、プロペシアが抗DHTの効果を発揮すると、agaが改善されるという根拠には十分足りることになります

aga向けの薬というと、どうしても「プロペシア」のイメージが非常に強いということになってしまいますが、agaの発症原因は、上記の「DHT」だけではないというのが通説ですから、遺伝子検査などによってagaを発症した原因を突き止めたときに、それがDHTとは別のファクターに起因していたとすると、



そんなときに注目されることが多いのが、「ミノキシジル」という薬です。この薬は、血行促進の効果が高いと考えられている薬です。agaの原因のひとつに、



されてしまっているというファクターも挙げられますので、何らかの形で血行障害が起こってしまっているためにagaを発症しているということであれば、その際には「ミノキシジル」の効果が大いに期待できるということになるでしょう。

この「ミノキシジル」という薬は、一種の降圧剤(血圧の上昇を抑制する)として開発されたのが、その歴史のはじまりでしたが、その原理を応用し、発毛効果を促進するための薬として現在では知られるようになってきています。


男性型脱毛症での育毛剤とプロペシアの選択

aga対策として育毛剤を利用する日本人男性は非常に多いですし、また、内服薬の「プロペシア」を服用している人も多いです。もちろん、これらをパラレルで使用して、agaの進行を何とか食い止めたいと切願する男性もいます。

育毛剤の発毛率、効果は?

率直な印象を言えば、「育毛剤」というと、かなり古典的なヘアケア製品であるという気がしますが、これに対し、「プロペシア」のほうは、革新的な薬として多くの支持を受け、現在では「飲む育毛剤」などとまで言われるようになり、今やその地位は、育毛剤を大きく上回ろうかというレベルにまで達しているとする意見も少なくありません。

もちろん、育毛剤には育毛剤の、そしてプロペシアにはプロペシアのメリットがありますし、これと同じように、育毛剤には育毛剤の、そしてプロペシアにはプロペシアのデメリットだってありますから、一概にどちらのほうが優れているとか、どちらのほうが劣っているというようなことを決定することはできません

何しろ、agaという病気に対する何らかの対策の効果というのは、一般的な病気にくらべるとどうしても「個人差」が大きく表れやすいと考えられていますから、これらaga対策製品の優劣を簡単に決定してしまうのは少々危険であるといえるはずです。

しかも、その「個人差」が生じる根拠というと、やはりどうしても「生活習慣」に起因していると考えられるケースが多くなるため、この両者の優劣の判断はますます難しくなるといえるはずです。

であれば、これらの製品を選択する際にもっとも重要になるのが、「どちらのほうがより自分の症状に合っているか」というところに集約されるはずです。そして、その決定には、慎重かつ多角的な判断が必要となることは言うまでもありません。


aga(男性型脱毛症)はプロペシアで生える

「ほんとうに生える!」と、aga患者さんから絶大な支持を受けるプロペシアですが、ひと昔前までは「不治の病」と呼ばれたagaだけに、これが改善されるということは、このプロペシアという薬がそれだけ強力なパワーを内蔵しているということは、おそらく多くの人が想像できるレベルであると思われます。

したがって、用法・用量を誤ってしまうと、その副作用としてかなり恐ろしい症状に見舞われてしまう可能性がありますので、その点にはまず注意していただく必要があります。

特に、多くの人にとって「効果がある」とされる薬が、



ということになると、そのあせりから、用法・用量を意図的に変えてしまう人も現れるのが常です。実際プロペシアにまつわる副作用はかなり多く耳に入ってきますので、繰り返しになりますが、



して服用してください。

発毛薬の副作用

また、agaは「男性型脱毛症」と呼ばれる症状であっても、実は女性にも近年増加している症状です。そして、agaにはプロペシアが効くということで、女性がプロペシアを服用するという話もよく聞くようになってきていますが、実は、プロペシアの女性による服用は「無効」とされています。

ですから、agaやこれに似た症状があるとい女性は、絶対にプロペシアを服用しないようにご注意いただきたいと思います。特に、妊婦さんのプロペシア服用は「禁忌」となっていますので、重く注意してください。
(参照:発毛剤の効果と副作用)


薄毛の治療薬は保険が適用されない

病院で薄毛治療をする場合にも、当然薄毛治療薬を出してもらうことになるわけですが、残念ながら、病院で出してもらう薬の場合、保険の適用が認められないということが、



ということがいえるのです。

もちろん、薬に限らず、治療そのものも保険は適用外になるのが薄毛治療の現状ですから、特に病院で治療を受けるという場合には、ある程度の出費は覚悟しなければならないということを、あらかじめ認知しておくことが大切です。

とはいえ、育毛剤だってそもそものはじめから保険適用外が基本ですから、やはり薄毛治療薬といえば、たとえ病院で出してもらった内服薬であったとしても、保険が適用されないということに驚くこともないでしょう。

病院で薄毛治療

保険が適用されないとはいっても、日本国内で行う薄毛治療の薬の場合、そんなに法外な金額を請求されることがあるというわけでもないので、それほど深刻に考える必要がないとは言え、やはり「高いな・・・」と考えるのはある意味必然であるという気もします。

病院で処方される薄毛治療薬の代表的なものが、薄毛に悩む患者さんであればおそらく一度は耳にしたことがあると思われる「プロペシア」です。

実を言うと、agaの専門医療機関と、一般的な病院や皮膚科など、専門性が保障されるわけではない医療機関では、処方される薬の内容が少々異なることが多いのですが、「プロペシア」に関しては、例外なくどちらの医療機関でも処方されることになるでしょう。


プロペシアの効能

この薬の効能は、主に「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの一種である物質が体内で生成されることを抑制するというところに認められています。

なぜこのDHTが生成されるとよろしくないのかというと、このDHTという男性ホルモンは、毛根の毛乳頭に侵入することで、その周辺の発毛細胞の成長を食い止めてしまうという「悪さ」をするからです。

もともと男性は、睾丸で「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが分泌されるのですが、これが血中に入って全身をめぐる際に、毛根の毛乳頭付近で「DHT」へと変化することで、特に若いころはほぼ際限なくDHTがつくられることになるのです。

若い世代も男性型脱毛症の対策

テストステロンに関しては、これが全身をめぐることで非常に重要な役割を担っていることになるわけですから、この物質の分泌を抑制するわけにはいかず、したがって、成長細胞に影響を及ぼし、しかも毛乳頭でしか生成されないDHTの生成を阻害することが目標となったのです。

その目標を達成するためにつくられたのが、「プロペシア」であったということになるわけです。今では、agaに悩み、病院などで治療を受ける人の多くが服用する薬であると言われており、それだけ信頼度の高い薬であるともいえるのです。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)